フランチャイズに加盟し開業する場合の必要資金とは

開業資金の削減に役立つフランチャイズ

教材や教育のための備品の調達費用、業務上必要になる人材の募集及び採用にかかる費用、そして開業の際に行う販促広告費用。フランチャイズを利用するときに要求される資金、別途必要になる資金について説明します。

学習塾開業・経営

フランチャイズを利用するときに要求される資金

フランチャイズを利用して個人塾を開業するときにはフランチャイザーとなる企業が提示している必要資金を用意しなければなりません。

ここで要求される資金に含まれているのは一般的には開業に必要となる教材や教育のための備品の調達費用、業務上必要になる人材の募集及び採用にかかる費用、そして開業の際に行う販促広告費用です。

フランチャイザーのブランドイメージを反映させた塾にするのが前提になるため、看板や内装などの費用も含まれている場合もあります。

これに加えてフランチャイズ契約を締結するのにかかるロイヤリティーについても必要資金の中に含まれているのが一般的です。

これらを合わせて大まかには300万円から600万円程度を要求しているフランチャイザーが多くなっています。しかし、開業するためにはこれ以外にも費用がかかるので注意が必要です。

参考サイト:学習塾が発展するためのPOINTとは

別途必要になる資金とは

フランチャイズ契約で開業するときには塾として開業する物件は持っていることが前提になっています。

もともと塾として利用できる建物を所有している場合を除けば、賃貸物件を探して事業用として利用できるスペースを確保しなければなりません。

フランチャイザーによって面積や立地などの要件が定められている場合もあり、その良し悪しで契約するかどうかを判断される場合もあります。

物件の用意の資金については別途必要になるのが一般的なので気をつけなければなりません。参考サイト:学習塾開業の必要な手続き

好立地で十分に広いスペースがある物件を手配しようとすると前家賃や敷金礼金、火災保険料なども含めると1000万円前後になる場合もある費用です。

予算に応じて物件を選びたいというときにはフランチャイザーに相談すると適切な物件の調達をサポートしてくれる場合もあります。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求