学習塾を低資金で開業する方法

ローコスト経営の基本

学習塾を開業するには一般的に、初期投資と運転資金を含めて、1000万円程度の資金を準備するのが理想的です。ここでは開業時の資金の目安、教室運営のスタイルについて説明します。

学習塾開業・経営

開業時の資金の目安

賃貸事務所の保証金やエアコンなどの購入資金を見積もるのが、学習塾開業に向けた第一歩です。

また新規開校後の生徒の人数や授業料収入などをシミュレーションすると、準備するべき金額を明らかにすることができます。

経営を軌道に乗せるためには1年以上の期間が必要なので、初期投資と運転資金を含めて、1000万円程度の資金を準備するのが理想的です。

潤沢な資金を事前に用意すると、予定通りに生徒が募集できない場合でも、ゆとりを持って教室を運営できます。教室をオープンする場合には、短期間で生徒を募集する必要もあるので、十分な広告宣伝費を確保するべきです。

新聞の折り込みチラシで集中して宣伝するためには、繰り返し配布することも重要であり、初年度の宣伝費が100万円前後になるケースも多いです。しかし生徒が集まると口コミも活かせるので、将来的には広告宣伝費を大幅に減らせます。

参考:学習塾開業時はターゲットを明確にする

教室運営のスタイル

賃貸事務所の家賃が経営を圧迫するケースも多いために、物件に入居する場合には、賃料値下げ交渉を積極的に行うのがポイントです。

そして家賃や光熱費などの固定費を節約することが、限られた資金で学習塾を経営するための基本です。

入学した生徒を丁寧に指導して、第一志望校に合格させることが、塾の売り上げを増やすための最善の方法です。

成績アップや志望校合格の実績を増やすと、地域でも塾の評価が高まるために、生徒の募集もスムーズに行えるようになります。

地元で評判の学習塾を目指すと、チラシや看板への支出も減らせるので、ローコスト経営も実現できます。

参考:生徒がやめない学習塾作りとは?

そのためには地域の小中学校で使っている教科書に合わせて指導したり、入試の出題傾向に合わせて授業を行うことが重要です。また経営者自身が教材研究をするなど、常に指導力を高めるための創意工夫を行うことも大切です。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求