保護者対応の正しいやり方

学習塾における保護者との付き合い方

少しでもきめ細やかな対応をしてほしいというのが保護者の本音なのです。「子供がどの程度単元を理解し、どこでつまずき、講師がどう対応したか」。学習塾に子供を通わせる保護者の特徴について説明します。

学習塾開業・経営

学習塾に子供を通わせる保護者の特徴

学習塾と一口に言っても、その内実は多岐に渡ります。個別相談塾のようなマンツーマンを謳ったものから、難関校への受験勉強を目的とした予備校まで様々であり、大手の会社から個人経営まで無数の「塾」があると言って良いでしょう。

学習塾を開業する上で非常に大きな問題となるのは、保護者との信頼関係です。それぞれの塾に対して、保護者が求めているものが違うのです。

そのため、保護者のニーズを理解しないまま開業すれば、クレームとなる可能性が高くなります。参考サイト:学習塾が発展するためのPOINTとは
保護者が学習塾に求めているのは、「学校とは違う対応」です。学校と学習塾との違いを考えていけば、自ずと学習塾経営に必要な対保護者のノウハウが見えてくるはずです。

学習面においてはもちろんですが、時には生活面も含めた指導が求められることもあります。学習塾としての指導をどこまで行うか、まずはその指針作りが重要でしょう。

「学校と違うこと」とは?

具体的に、「学校とは違う対応」とはどのようなものでしょうか。例えば、40人学級のクラスであれば、先生と生徒の関係は1:40となります。

しかし、学習塾に子供を通わせる保護者が求めているのは、その多くが1:少人数です。少しでもきめ細やかな対応をしてほしいというのが本音なのです。

また、学校ではその日1日にあったことを知るすべは子供本人から聞くより他にありません。もちろん、PTAや面談などの機会もありますが、頻度としては学期に一回程度でしょう。

参考サイト:学習塾経営における注意点

その分、学習塾に求められていることは「子供がどの程度単元を理解し、どこでつまずき、講師がどう対応したか」という丁寧な報告です。

幼稚園や保育園では連絡帳などで毎日のようにあったフィードバックが、中高生になると途端になくなってしまいます。そうした学校にはないサービスの部分を、学習塾によって補いたいと考える保護者が多いのです。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求