家庭教師と塾の大きな違いは?

個人学習の家庭教師とチーム学習の塾

マンツーマンで教えてもらうことができるため、分からないことがあればその場ですぐに解決できる、他の人に負けたくないという気持ちが必然的に生まれ、モチベーションに繋がります。個人でやる気を出す家庭教師、チームで学習する塾の説明します。

学習塾開業・経営

個人でやる気を出す家庭教師

家庭教師は個人での学習です。そのため、自分でやる気を出して学習に取り組むことができる子が向いています。

塾では宿題を終わらせていなかったりすると怒られる上、授業についていくことができなくなってしまいます。

参考:優秀な講師を確保するには?

しかし、家庭教師だと例え宿題をやっていなくても、その場ですることになり、自分のペースで学習を進めることになります。

そのため、尻を叩かれることなく学習できることが大切になってきます。また、家庭教師は基本的にはマンツーマンで教えてもらうことができるため、分からないことがあればその場ですぐに解決できることがメリットです。

たいていの先生は本当にため、理解していないと見抜けばすぐに確認をしてくれる分からないことをそのままにしておくということが少なくなります。

家庭教師の他のメリットとしては、部活などで授業の日程が合わない場合は臨機応変に変更してもらえることです。

チームで学習する塾

塾は周りの人と一緒に学習をする場所です。例えマンツーマンの授業であったとしても、同じ建物の中に他の生徒が居て、掲示物などで他の生徒の情報が入ってきます。

そのため、他の人に負けたくないという気持ちが必然的に生まれ、モチベーションに繋がります。

もし、宿題を終わらせていなかったり、テストの点数が悪いと他の人にも知られてしまって恥ずかしい思いをします。

このような生徒がクラスに何人も居ると授業の雰囲気も悪くなってしまいます。こうなってしまうと、先生も何かしらの対策をしてクラス全体の成績を上げようとします。

このように、塾ではクラス全体で、ほぼカリキュラム通りに学習を進められて、やるしかなくなります。

ただし、家庭教師とは違って、授業で分からないことをその場で質問するのが苦手な生徒はやっていることが理解できないまま授業を終えてしまうことになります。この場合は授業後に質問をしに行く積極性が必要になります。

参考:学習塾開業のメリット・デメリット

学習塾開業を真剣に考えている方へ
学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

 

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求