学習塾開業でどれ位儲かる?

人気の学習塾開業での年収

開業してから1年間は赤字の場合もありますが、2年目以降は200万円から400万円程度の年収、複数の塾の経営をしたりするという観点を持つとさらに収入を増やせます。平均的な年収の実情、年収を上げるためのポイントを説明します。

学習塾開業・経営

平均的な年収の実情

学習塾を開業してどの程度の儲けが得られるのかは開業する上で興味が持たれる点です。平均的な塾経営者の年収は実情として500万円程度になっています。

開業して安定して生徒を獲得できるようになった頃の収入に相当するものであり、およそこの状況になるまでに5年がかかるのが一般的です。

参考サイト:学習塾開業に活用できる補助金・助成金とは
開業してから1年間は赤字の場合もありますが、2年目以降は200万円から400万円程度の年収になる傾向があります。

ただし、あくまで一般的な傾向であって実際にどれだけ儲けられるかはケースバイケースです。開業して倒産してしまっているケースもあれば、1000万円以上もの年収を実現しているケースもあります。

どのような形で塾の開業をして経営を行っていけば年収が上がるのかをよく研究しておく必要があるのです。取り組み方次第で年収を上げられる可能性は十分にあります。

年収を上げるためのポイント

塾開業をするときに年収を上げるためのポイントには大まかには二つあります。基本的には営業する塾の数を増やし、個々の塾の規模も大きくすれば収入は大きくすることが可能です。

それだけ多くの初期投資を行う必要がありますが、生徒数を増やせば年収は高まるという傾向は理解しておく必要があります。

参考サイト:フランチャイズに加盟し開業する場合の必要資金とは

この観点から収容力のある塾を用意したり、複数の塾の経営をしたりするという観点を持つのがポイントです。個人だから身分相応の小さな塾を一つ経営できれば良いと考えていると年収は上がりません。

また、もう一つ重要なのがほぼ満員の状況にすることであり、積極的な宣伝広告を怠らないことが必須です。

宣伝広告費がかかったとしても授業料で取り返すという方針で取り組み、多くの生徒を獲得して実績を上げていくことが最終的には収入につながります。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求