人間性の形成に重要なので幼児教育はおすすめです

幼児教育がおすすめされる明確な理由がある

家庭教師

将来的な人格を形成するための経験が最も素直に身に付きやすいため、教育に投資するなら幼児期がおすすめです。思いやりや我慢強さ、協調性や責任感など社会生活のために必要な要素をしっかりと育てるのに幼児教育は役立ちます。

真新しいキャンバスほど構図や色彩が自由に構成できます

幼児教育とは、0~6歳までの就学前に行われる教育のことを言います。

人の一生の中でも特に刺激に敏感で感性豊かなこの時期は、ありとあらゆる知識に対して吸収効率が非常に高く、また将来的な人格を形成するための経験が最も素直に身に付きやすいため、教育に投資するなら幼児期がおすすめです。

ノーベル経済学賞受賞者のジェームズ・ヘックマン教授による研究では、子供への投資に対するリターンを表す人的資本投資の収益率において、0~3歳頃までの投資が成人後の収益率において最も効果が高く、小学校入学あたりから次第に費用対効果が見込みにくくなっていくというデータが示されています。

真っ白な新しいキャンバスには好きな色や技法を駆使して思い通りの絵を描きやすいですが、ある程度筆が進んでしまったキャンバスとなると、後から手を加える余地がほとんどなくなってしまうものです。

それと同様に、産まれてから間もない時期に教育を施すほうが、子供にかけた費用や努力に対する見返りの期待値が格段に違ってくるのです。参考サイト:幼児教育ってどんなことをするの?その効果とは!

学問的な教育だけではなく、幼児教育は人間性の形成に重要

一口に教育といっても、数学や科学、文学などの学問に関する知識的なものや音楽や絵画のように感性を育てて鍛えるものなど様々なカテゴリーがあり、その中でも特に欠かせないのが人格形成に関わる教育です。

思いやりや我慢強さ、協調性や責任感など社会生活のために必要な要素をしっかりと育てるのに幼児教育は役立ちます。

計算力や語学力などIQで測れる能力を認知能力といい、努力する力や他人と交流する力といった、見えないところにあるIQでは測れないような能力を非認知能力といいます。

アメリカで行われているペリー就学前プロジェクトの調査によると、貧困層の3~4歳の子供123人のうち約半数を2年間プレスクールに通わせ、通わせなかったグループと将来の人生を比較したところ、40歳頃の収入や持ち家率などで特に優位な結果が見られたという報告があります。

この調査では両方のグループでIQの成長にそれほど大きな差が見られなかったことから、認知能力ではなく非認知能力の育成による差異ではないかと考えられているのです。

理解力や知識への教育効果と併せ、諦めずに努力する忍耐力や人間関係を円滑に進める交渉力など、社会生活を滞りなく過ごすための人間基盤形成のためにも、幼児期の教育がおすすめなのです。参考サイト:色々と存在する幼児教育の種類

学習塾開業を真剣に考えている方へ
学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

 

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求