家庭で行う幼児教育で子供の右脳を鍛える

家庭でできる幼児教育

ネット学習塾

幼児期は右脳を鍛える最大のチャンス!幼児の頃から質の高い教育を受けていると、小学生や中学生になった時に常にトップレベルに立つことができたという実績もあります。幼児教育の効果につて説明します。

右脳を鍛えることを考えよう

一般的に、0歳児から3歳児の幼児については右脳が活発に働いている時期です。

参考サイト:効果的な幼児教育とは?

3歳を過ぎた頃からは物事を論理的に考えるようになるため、左脳が活発になり始めます。そのため、幼児期は右脳を鍛える最大のチャンスと言えます。

右脳には芸術的センスや想像力、立体空間認識の機能があります。これらを鍛えるような効果的な家庭でできる幼児教育としては、一緒に数を数えたり、絵本をたくさん読み聞かせたりすることが挙げられます。

また、リズム感をつけるために音楽に合わせて踊る練習をしてみるのも良いでしょう。空間認識を高めるためには、パズルなどを行うのも有効です。

なお、幼児期は感性が豊かな時期ですので、身の回りのものはカラフルなものを揃えてあげると効率よく子どもの脳を刺激させてあげることができます。全般的に五感を刺激するような遊びを取り入れることが大切です。

幼児教育の効果

家庭で行う幼児教育に将来効果が出るのかどうかという判断をすると、効果ありと言えるでしょう。

幼児期の子どもはとても吸収力が高いので、特に右脳を鍛えておくと将来想像力が高くなり、応用力のある脳を手に入れることができます。

実は、大人になってから右脳を鍛えるのはとても大変なことがわかっています。幼児の頃から質の高い教育を受けていると、小学生や中学生になった時に常にトップレベルに立つことができたという実績もあります。

参考サイト:幼児教育ってどんなことをするの?その効果とは!

特に計算問題などについては、教科書とは違う解答方法で正解を導き出すなど、応用力のついた子どもに育つことが多いです。

これは、右脳が発達していることによる応用力が強化された結果と考察されます。このように幼児期の教育は一生物となりますので、家庭でも積極的に幼児教育をすることを是非オススメします。

学習塾開業を真剣に考えている方へ
学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

 

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求