幼児教育の教材は本だけでない

幼児教育は大事?どのような教材がいいの?

障害児童学習

子供は大人や同年代の子供とやり取りをして、社会のルールなどを学んでいるのです、幼児教育の教材は、子供本人と親の好みで続けられるかも大切です。子供の成長や年齢に合わせた教材を選び、親が一緒になって学んでいくようにしましょう。

幼児教育や就学前教育が大切な理由

幼児教育や就学前教育とは、学力を伸ばすための勉強や生活の基礎知識、幼稚園や保育園で受ける教育のことを言います。

これらが大切な理由とは、幼児期には多くの刺激を受けて吸収できるからです。参考サイト:幼児教育で英語力を高めるためのポイント

この時期に得られた経験や知識は、今後の人生に深く関わってきます。幼児期はさまざまな経験をして覚えていくので、記憶力や理解力を鍛えることができるのです。

また、体の器官は成長のピークが決まっています。脳や視覚、リズム感などを司る神経系は4歳~5歳の時点で大人の約80%にもなります。

よって、この時期にたくさんのことを覚えれば、脳細胞が活性化されるでしょう。さらに、幼児教育は心の成長にも繋がっています。

大人や同年代の子供とやり取りをして、社会のルールなどを学んでいるのです。幼児期には自主性が出てきて個性も作られるため、幼児教育を積極的に取り入れるといいでしょう。

幼児教育にはどのような教材がいいの?

幼児教育の教材は、色合いがはっきりしているものが望ましいです。赤や青などの原色を使っていると、脳に刺激を与えて覚えやすくなります。

また、幼児が興味を示すようなイラストが入っているといいでしょう。動物や人間、乗り物のイラストは幼児が興味を持ちやすいです。

本だけでなくDVDなどの映像を見てもいいでしょう。音を聞きながら映像を見ることは、幼児期には刺激になります。参考サイト:就学前教育の必要性とその課題について
幼児教育の教材は、子供本人と親の好みで続けられるかも大切です。子供の成長や年齢に合わせた教材を選び、親が一緒になって学んでいくようにしましょう。

難しすぎる教材では、子供が挫折してしまったり飽きてしまう可能性があるので、成長に合わせながら教材を選ぶのがおすすめです。

幼児教材では本だけでなく積み木やパズルなどもあるので、積極的に取り入れるといいでしょう。これらは考える力や空間能力などを鍛えることができます。

学習塾開業を真剣に考えている方へ
学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

 

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求