就学前教育の大切さとその課題

就学前教育の必要性とその課題について

ネット学習塾

Little girls playing on a tablet computing device – laying on the floor

言葉や生活の仕方、文字などたくさんのことを覚え、身につけるのに適している時期、小学校では幼稚園と違い、自由に行動する時間より集団で行動する時間が多いため、発達障害の子どもはますます困り感を抱えてしまうのです。就学前教育の必要性、就学前教育の今日の課題について説明します。

就学前教育の必要性

就学前教育とは、主に小学校にあがる前の子どもに対して行う教育活動のことを言います。

特に幼稚園教育では子どもの育ちの段階に応じて、環境を通しての教育をしていくため、子どもの主体性を保ったまま成長を促すことが出来ます。

具体的には3才児であれば、自分の身の回りのことは自分でできるようにすることを目標として支援していきます。

教室の入口付近に帽子やカバンを置くところを設置し、近くに手洗い場がある作りにすると子どもが朝来てカバン等を置き、手洗いうがいをしてから遊びに入ることが出来ます。

子どもの動線の中で覚えることによって、自然と自分の身支度ができるようになるのです。就学前の子どもは言葉や生活の仕方、文字などたくさんのことを覚え、身につけるのに適している時期です。

そのため、就学前の教育は大切で、この時期に学んだことがこれからの人格や学力に影響すると言われています。

参考サイト:幼児教育がおすすめされる明確な理由がある

就学前教育の今日の課題とは?

就学前教育が大切とは言われていますが、その方針自体には常に課題があると言われています。現在、子供の数に対して保育園や幼稚園が足りていない状況があります。

保育士として働く人数の確保も難しい状況があるためにこのようなことが起こっているのです。また、子どもの様子も時代とともに変化してきています。

幼稚園の頃より発達障害の傾向のある幼児は多数存在していますが、発達障害と認識されることが少なく、困り感を抱える子どもとして小学校にあがります。参考サイト:効果的な幼児教育とは?

小学校では幼稚園と違い、自由に行動する時間より集団で行動する時間が多いため、発達障害の子どもはますます困り感を抱えてしまうのです。

こうした状況から幼稚園の頃に発達障害の状態を見つけることが課題となっています。

困り感を解決するよう幼稚園と家庭で協力することで、小学校へ上がってもその子に一番良い方法で勉強が出来るようになります。

学習塾開業を真剣に考えている方へ
学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

 

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求