学習塾開業の必要な手続き

学習塾の開業をするまでの手続きの流れ

開業後に提出する場合は1ヶ月以内という期限が設定されている、個人経営であれば税務署への開業届けの提出だけで済む。税務署への申告と必要な書類の提出、学習塾の経営方法別の手続きについて説明します。
学習塾開業・経営

税務署への申告と必要な書類の提出

学習塾を開業するにあたってまず最初に行なわなければならないのが税務署への開業届けの提出です。

これは学習塾に限らずどういった仕事を始める場合でも必ず出す必要があります。一般的に塾というと主に勉強を教えるのが目的であることから、教えるために教員免許のような専門の資格が必要と考えている人も少なくありません。

しかし、学習塾はサービス業のカテゴリーに含まれるため資格はもちろん、自治体などの認可も一切必要ないので身分が証明できる物と印鑑さえ用意すればすぐに開業届けを提出して始めることができます。

この時に注意するべき点は提出の期限です。開業届けは必ず経営をする前という決まりはなく、実際に塾の経営を始めてからの提出でも問題はありません。

ただし、開業後に提出する場合は1ヶ月以内という期限が設定されているので速やかに提出することが大切です。

参考サイト:学習塾経営における注意点

学習塾の経営方法別の手続き

一口に学習塾といっても経営の方法や場所によってそれぞれコンセプトも違えば必要な手続きも異なります。個人経営であれば税務署への開業届けの提出だけで済むので最も気軽に始められる方法と言えます。

もし個人ではなく株式会社など正式に法人として経営をする場合は、税務署への開業届けとは別に法務局に行って会社の設立に必要な設立登記申請書を提出しなくてはいけません。

この書類の提出には本人(経営者名義)を含めた数種類の実印の用意が必要で、さらに登記登録に必要な免許税も支払うことになります。

学習塾は需要の増加と共にその数も増えてきているため、開業後に経営を軌道に乗せるにはそれなりの時間と苦労が必要です。

参考サイト:学習塾開業のメリット・デメリット

そういった点を考慮していきなり法人化をするのではなく、最初は初期費用なしで始められる個人からスタートして軌道に乗ってから会社として設立するのが望ましいと言えます。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求