学習塾の一年の流れ 季節と学習指導の関係

学習塾における年間の業務の流れ

4月には入学式があって新年度が始まり、5月や7月には定期テストがあってその月末から夏休み。モチベーションにつなげさせる方法。行事を考えた一年の流れ、大まかには季節を考えて計画について説明します。

学習塾開業・経営 学習塾開業・経営

行事を考えた一年の流れ

学習塾の経営を行う上では学校行事との関連性を考える必要があります。学習塾の一年の流れは学校の一年の流れと切っても切り離せない関係にあるのです。

4月には入学式があって新年度が始まり、5月や7月には定期テストがあってその月末から夏休みに入ります。

この期間は学習塾としてはテスト対策を実施すると共に夏休みの夏期講習の準備をする期間になるのが一般的です。参考サイト:生徒がやめない学習塾作りとは?

そして、夏休みの夏期講習を経て次の学期が始まるとまた10月や12月には定期テストがあることからテスト対策のための授業を実施することになります。

その結果を受けて冬休みには冬季講習を実施し、年明けからは入学試験が多くなるので直前講習を行うのが通常です。

受験生以外には定期テストがあるのでテスト対策を行うことになるため、塾としては年明けから年度末までは繁忙期になります。

大まかには季節を考えて計画

塾の基本的な年間スケジュールを考える上では季節で大まかに分類するのがわかりやすい方法です。春は新年度に相当するため、新たな学年になる生徒たちのかき入れ時になります。

宣伝広告を行うのにも重要な時期ですが、新年度に向けた予習復習を重視した指導を基軸にする必要があるのが特徴です。

夏期講習が中心になる夏は弱点克服の時期になります。新しい学年の授業についていけない人のフォローと、受験を控える受験生のベースアップを指導の中心にするのが一般的です。

そして、秋はその弱点克服の成果に基いて実力を上げる期間に相当し、そこで不足していた部分を冬に補うという形で指導計画を立てると生徒の学習を総合的にフォローできます。

秋や冬には塾内での模試などを実施し、実力を図れるようにすることで学習効果をモチベーションにつなげさせる方針もよく採用されているものです。

参考サイト:学習塾を低資金で開業する方法

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求