学習塾開業に必要な備品とは

学習塾の開業のときに用意する必要がある備品

生徒が使用する机と椅子、棚や収納などの基本的なオフィス家具も揃えなければなりません。講師が立つ教壇、板書をするための黒板やホワイトボード、授業を行う上と、事務的に必要になる備品について説明します。

学習塾開業・経営

授業を行う上での備品

学習塾を開業するときには経営をする上で必要になる備品を一通り揃えなければなりません。

不足がないように揃えていくと莫大な費用がかかるため、全体を知って予算内に収まるように手配することが大切です。

参考サイト:学習塾経営における注意点

事業として中心になる授業を行う上で必要な備品はまず揃えなければなりません。生徒が使用する机と椅子、講師が立つ教壇、板書をするための黒板やホワイトボードが必須です。

映像を出せるようにプロジェクターとスクリーン、テレビなども用意するに越したことはありません。部屋が大きい場合にはマイクなどの音響設備も用意しておくことが重要です。

また、授業をする上で使用する教材、講師も使用する文具なども必要になります。特に使用する教材は授業の効果を高めるために重要なアイテムであり、創意工夫を行ったものを調達しておくことが肝心です。

事務的に必要になる備品

授業だけを行っていれば塾経営はできるわけではありません。事務的な作業も必要になることも考慮した備品の用意が必要です。参考サイト:学習塾開業でどれ位儲かる?

事務用のデスクや椅子なども用意し、棚や収納などの基本的なオフィス家具も揃えなければなりません。事務用の目的に限らず教材のプリントなどを印刷するのにも必要になる複合機も必須です。

連絡に使用する電話やFAX、事務処理に使うパソコン、資料の取り込みに利用するスキャナーなどの電化製品は重要な備品になります。

また、入り口にはカウンターが必要であり、顧客を待たせることを考慮して椅子を用意しておくことも重要です。個別相談などを行う場合にはパーティションも用意しなければならないでしょう。

これに加えて塾としての存在を明らかにするための看板や情報提供を行うためのポスターボードも整えておくことが必要です。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求