学習塾開業に活用できる補助金・助成金とは

学習塾でも補助金や助成金の獲得は可能か

日本政策金融公庫による創業融資制度は最大で七年間に及ぶ運転資金としても利用できる。創業時に利用できる補助金、エリアによっては開業後に活用できる助成金について説明します。

学習塾開業・経営

創業時に利用できる補助金

学習塾の創業資金を獲得するために助成金や補助金を利用したいという場合には日本政策金融公庫の提供している創業融資制度を利用するのが数少ない選択肢です。

基本的には融資制度なので借りた資金は返済しなければなりませんが、銀行などの一般的な金融機関を利用するのに比べると利子が少なめになっていて借り入れできる期間も長めになっているのが特徴です。

参考サイト:学習塾開業時はターゲットを明確にする

学習塾を対象として行われている助成金や補助金の事業がないため、返済不要な形で資金繰りをすることは難しくなっています。

そのため、基本的には融資を受けるという方針で創業資金を獲得する必要があるのが学習塾の開業です。

日本政策金融公庫による創業融資制度は最大で七年間に及ぶ運転資金としても利用できる仕組みとなっているため、創業してから当面の資金を確保する手段として優れています。

エリアによっては開業後に活用できる助成金

助成金の中には条件さえ満たせば学習塾を経営する中で利用できるものもあります。地域雇用開発助成金(地域雇用開発コース)は国によって行われている助成金事業の一つであり、開業したエリアによっては利用可能です。

これは雇用機会が不足している地域において事業所の設置や整備を行うことにより、その地域に居住している求職者を雇い入れるための助成金という位置付けになっています。

国によって定められている雇用機会が少ないエリアで開業する場合にはこの助成金を申請して講師や事務スタッフを雇うことが可能です。

この他にも雇用に関する助成金として特定求職者雇用開発助成金というものもあります。

参考サイト:学習塾経営における注意点

これはハローワークを通じて母子家庭の母などの特定の条件を満たしている人を雇用したときに助成を受けられる制度です。候補者が見つかったときには積極的に利用する価値がある助成金制度となっています。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求