学習塾開業に必要な資格とは

学習塾の開業に資格は必要?仕組みと戦略のコツ

「先生」と呼ばれる学長や講師であっても、教育に伴う資格などはとくに必要なく、教育以外の資格もとくに必須ではありません。心理カウンセラーであったり、児童心理学の民間資格などを持っていると、経営に有利です。

学習塾開業・経営

学習塾は教育業ではなくサービス業

学習塾にはたくさんの学生が通います。客観的に見ると教育者とその子供達というように映るため、学習塾の経営にあたっては教員免許などの国家資格が必要だと思っている人も少なくありません。

学習塾というのはあくまでも教育をツールとして使ったサービス業であり、契約は学生たちの保護者と結ぶことになります。

参考サイト:学習塾が発展するためのPOINTとは

学習塾ビジネスを「教育業界」と呼ぶことはあっても、カテゴリ的な産業種別としては第三次産業に当たるとされているわけです。

よって「先生」と呼ばれる学長や講師であっても、教育に伴う資格などはとくに必要なく、教育以外の資格もとくに必須ではありません。

確固たる経営の実力と、魅力的なサービスで学生たちを引き込むことができれば、それだけで学習塾は経営していくことができるのです。

ただし、必須ではありませんが、経営者となるのであれば数字に関する資格、たとえば簿記や会計の資格は持っていたほうが良いといわれています。

持っていると有利な資格

少子化の流れを受けて学習塾の経営も、その質を問われるようになってきました。

経済的余裕のある家庭というのも少なくなっているので、本当に成績を伸ばせるという実績のある学習塾でなければ、生き残るのが厳しい時代となっています。

また同時に、学習塾の役割は成績についてだけでなく、その分野の幅を広めつつあります。参考サイト:生徒を集客する方法とは?

たとえば、何らかの事情で学校に行けないような生徒を引き取り、勉強を教えるというケースです。

学校の問題というのは保護者にとっても常に心配の種であり、塾がセカンドオピニオンのような役割を果たすこともあるわけです。

あらゆるニーズに合わせて経営の戦略は立てていかなければなりません。必要な資格はありませんが、このような問題を解決するにふさわしいもの、例えば心理カウンセラーであったり、児童心理学の民間資格などを持っていると、経営に有利になります。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求