個人塾を開業する場合の必要資金とは

膨大な資金が必須な個人塾の開業と対策方法

開業するエリアでの物件相場や開業する規模によっても違いはありますが、1000万円から1500万円程度が相場、一般的な開業のための必要資金、開業資金を節約する二つの方法について説明します。

学習塾開業・経営

一般的な開業のための必要資金

学習塾を開業するために用意しなければならない必要資金は大まかには塾の施設を用意する費用と、業務を行う上で必要なものを確保する費用とに分けることができます。

塾を開業するには事業用の物件を用意し、その設備工事を行った上で内装を整えることが必要です。

開業するエリアでの物件相場や開業する規模によっても違いはありますが、1000万円から1500万円程度が相場になっています。

これは賃貸に必要な敷金や礼金、各種保険料も含まれ、レイアウトを決めるためのコンサルティング料も含んでいるものです。

参考サイト:学習塾経営における注意点

内装が整ったら机や椅子、パーティションや事務用のオフィス機器などの購入も必要になり、その費用として300万円前後がかかります。

これに加えて業務を行う上では従業員の募集や宣伝広告費用などを合わせると300万円程度は必要になるため、合わせた2000万円程度が一般的な必要資金です。

開業資金を節約する二つの方法

融資を受けて開業の必要資金を確保できる場合もありますが、開業資金は節約する方法もあります。

莫大な費用がかかる施設の用意に関しては居抜き物件を探すことで安上がりにすることが可能です。

設備工事費が高くなりやすいですが、もともと塾などとして使用されていて物件をそのまま引き継ぐことができれば軽微な修正工事だけで済むので大幅な節約になります。

その際に什器や備品についても格安で引き継げることが多く、数百万円単位での節約を実現できることも珍しくありません。参考サイト:学習塾開業に必要な備品とは

一方、フランチャイズの利用も資金の節約につながる方法です。什器や教材などの確保を簡単に済ませられ、費用も安くできることが多くなっています。

また、人材の確保も手伝ってもらえる契約になっていれば募集費用を削減でき、宣伝広告も既存のものを利用させてもらえると割引で実施できることもあるのがフランチャイズによる節約効果です。

参考サイト:学習塾の一年の流れ 季節と学習指導の関係

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求