通信制高校とは

授業に通うのは年数回?!通信制高校とは

通信制高校

マイペースに履修を進めて10年を掛けて卒業することも、集中して単位をとることで最短期間である3年間での卒業を目指すことも可能。資格取得の進めやすい高校や勉強サポートを徹底している通信制高校は大学進学を目指す生徒にとって非常に強い味方になります。

通信制高校はどんなシステム?

通信制高校とは、スクーリングと呼ばれる登校日を年間で1回実施する合宿形式や週に数回など学校により独自に設定されており、通常の履修は通信によって行うことができるという特徴を持つ高校のことを指します。

参考サイト:実は難しくない通信制高校の入試

単位制であれば所定の単位を、3年ないし4年以上の在籍期間の中で履修することで卒業することが可能です。

単位取得は基本的に、前述のスクーリングが必須となる他、レポートやテストに合格する必要があります。

そのため、マイペースに履修を進めて10年を掛けて卒業することも、集中して単位をとることで最短期間である3年間での卒業を目指すことも可能となっています。

3年で卒業を目指す生徒のサポート機関として、通信制サポート校もあります。

このサポート校は、スムーズな単位取得を目指す生徒が、独学の中で学習に困るケースに対して支援するなど、サポート校の運営母体である予備校などが、その学習ノウハウを伝える形をとるものです。

進路についてサポートがある通信制高校も

働きながら通う生徒もいれば、不登校を経験し全日制高校に通うことが難しい生徒もいるなど、通信制高校を選んだ理由とは人によってさまざまなものです。

参考サイト:通信制高校で学ぶメリットとは

また、同時に高等専修学校にも通うことで2校の卒業を目指す技能連携校など、通信制高校とは柔軟な進路選択が可能な学校だと言えます。

この場合、技能連携校自体の学費はかかるものの、同時に通う通信制高校の方の学費は特に公立であれば相当抑えることが出来るなど、学びたいことを叶える環境が整えやすいのもポイントです。

通信制高校卒業後の不安を抱える人に対して、多様な資格を取ることでその悩みを緩和することが出来るよう、資格取得の進めやすい高校もあります。

もちろん勉強サポートを徹底している通信制高校もあるため、そういった高校を選ぶと、大学進学を目指す生徒にとって非常に強い味方になります。

学習塾開業を真剣に考えている方へ
学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

 

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求