学習塾開業時はターゲットを明確にする

学習塾を開業するのはターゲットを明確にしてからです!

近くに小学校があれば小学生向けの学習塾なら集客しやすい、学校の授業についていくことができない生徒がいる家庭の場合には補完タイプ。学習塾の種類を決めてターゲットを明確にする方法を紹介します。

学習塾開業・経営

学習塾の需要は高まっています

現代社会は少子化が進んでいますが、教育に投資する金額は年々増加傾向にあります。

1つの世帯あたりの子供が少ない分、しっかりと教育費用を払おうとする親が多いのが要因の1つです。参考サイト:学習塾の一年の流れ 季節と学習指導の関係

そのため、学習塾の需要はますます高まっています。学習塾を開業するには自身がオーナーになって講師を雇って生徒に授業をさせることでも成り立ちますので、特別な資格も授業科目の専門知識も必要ありません。

しかしながら、学習塾を開業するときにはまず明確化しておかないといけないことがあります。

それは何をターゲットにするのかということです。これによって学習塾の中身や方向性がはっきりとするからです。

たとえば、小学生、中学生、高校生、幼稚園児など、どの年齢層に対して学習サービスを提供するかで大きく変わってきます。

近くに小学校があれば小学生向けの学習塾なら集客しやすいです。このように、どこに設立するかという問題にもかかわってきます。

学習塾の種類を決めることにも関係しています

開業するときには学習塾の種類を決める必要があります。学校の授業を補完するための塾なのか、それとも受験対策を行う学習塾なのか、こうしたこともあらかじめターゲットを明確化することで変わってきます。

学校の授業についていくことができない生徒がいる家庭の場合には補完タイプの学習塾を求め、勉強ができる生徒がいる家庭においては受験対策の学習塾を求める傾向があります。

参考サイト:保護者対応の正しいやり方

これらのうちどちらのスタイルの方が学習塾を経営していく上で良いのか気になるところですが、実際にはそれぞれにメリットがあるので、差をつけることは難しいです。

最近は複数の塾に通わせる家庭も増えていていて、どちらの学習塾にも通わせるというケースも多いです。

いずれにせよ開業する前にターゲットを明確化した上でどういう方向性で生徒を集客するのかを考慮する必要があります。

学習塾開業を真剣に考えている方へ学習塾開校を考える場合、事前に資料を取り寄せ、セミナー受講や面談をして充分に比較検討することがとても重要です。

学習塾独立開業支援「すらら」では、次世代型の塾経営セミナーとして、通常FCが加盟後にしか教えない以下のノウハウをセミナーで公開しています。

  • 1年で200名を集めた価格戦略ノウハウ
  • 塾業界平均の10倍!生徒募集の方法
  • チラシが効かない時代のWEBマーケティング手法
  • 塾長一人で45名の指導、人件費ゼロの塾運営方法
  • 塾開講にとってベストな物件の選び方
  • 資金調達を確実にする事業シュミレーション

特に「塾業界平均の10倍!生徒募集の方法」は、生徒募集の悩みを解決する必見の内容です。これらノウハウだけでもセミナーに申し込む価値があります。

そしてセミナー参加者には「生徒募集で成功したチラシの雛形」がもらえる上に、セミナー後の個別面談に進むと塾経営に役立つ「塾の開業と経営改革の19事例」事例集ももらえます。

塾開校の先輩たちが成功した事例集はぜったいもらっておくべきノウハウ満載の資料です。


今すぐ無料セミナー申込み ⇒ 塾経営ノウハウ公開『すらら』セミナー申込み
今すぐ無料で資料請求 ⇒ 塾経営を成功させるノウハウ満載の『すらら』資料請求